« お茶請けでございます。 | トップページ | 片付けられへんねん。 »

2008年12月18日 (木)

やったで!!やったでぇ~

雑穀のお友達で神戸で雑穀を作る木下さんのお誘いで有り難くもとても良い体験をさせて貰いました♪ご報告ぅ~Sh350490

私のお気に入り・・神戸市でありながら”いにしえ”な感じの木下さん事務所の玄関★

神社に奉納した 黒米・赤米がお出迎えぇ~イイ雰囲気でしょぉ??Sh350535

ディスプレイも素敵ですよねぇ~以前来た時より 賑やかになってた!!Sh350492

干されているキノアAM

次は キノアNL-6

で その次は高きび

以前行った時はこのキノアの葉を持ち帰り食べたのだ♪美味しかったなぁ~Sh350493 Sh350494

今回の体験はキノアAMの脱穀と唐箕のお手伝い(お勉強会)です。ずっとずっと体験したかったので大興奮です♪昔の道具に触れられる・・・その事自体があり得ない経験~見て★見てぇ~☆これこれぇ~Photo

脱穀機と唐箕の機械さまさまぁ~うぉおおおお!!

どうやるん??どうなるん~?

Sh350503

ビニールシートを敷いて被せて・・・干してあったキノアを二人で脱穀です。足で踏んで回すのですが 見てると簡単そうなのに 経験するとこれまた意外に難しい。慣れると出来るけど慣れるまでは逆回転になったり・・・脱穀したものは 裏側に飛んで落ちるのでビニールシートで受け止めるんだよぉ~

Sh350502 もっと手早く出来るのかと思ってたら時間がかかり しんどくなった私は一度に沢山の苗をもって脱穀しようと欲を出したら 脱穀機の回転に持っていかれて穂ごと裏に飛んでいく。。。(゚ー゚;地道に真面目にしなくては上手くいかない。。。適量を適度な回転で。乾燥具合も悪いと脱穀しにくい。。欲を出して量を多くしたら足踏みに物凄く力がかかる・・・色々考えなアカンねんなぁ~!!Sh350504

手前が脱穀後で 奥が脱穀前の穂です。違いが分かりますでしょうかぁ??Sh350491

脱穀後のものは また雑穀畑に肥料として撒きに行くらしいのです。以前にした古代米などの残骸たちも沢山積まれてありました。Sh350506 

これは裏に飛んだ脱穀されたものです。勿論初めは穂自体も沢山飛んでいたので再度脱穀する。箒で一定に集めて・・・ 

綺麗な状態ではありません。これをザルを通して綺麗にしていきます。この作業がとてつもなくしんどかった。。。(;´Д`A ```あぁ~まだやるのぉ??木下さん・・・って感じで。。手で揉んだりザルの網目を通してまた 揉んで・・・今度はザルの網目を粗いのから細かいのに変更してまた通して揉んで・・・・・

Sh350508 もうぅ~嫌じゃぁ~って感じ。

想像以上の労働で想像以下の分量。。。。

雑穀の加工って加工ってめちゃくちゃ大変。。(ρ_;)Sh350507 

ザルを通して(初めは粗め)で~

Sh350512 

揉んでも揉んでもまだまだ有るし揉み足りひんしぃ~またザルを通して・・・うぎゃぁ~嫌やぁ。。疲れた。。。しんどいぃ。。Sh350509 

ようやくこんな感じ・・・まだ完全ではありませぬ。

大変なのは物凄い細かい粉が大量に舞うし息が出きひんし 木下さんの眼鏡は粉で真っ白けっけ!!

私もマスクをしてたけど更にタオルハンカチを咬ませても何処からともなく粉が喉や鼻に貼りつく。。。ブーツも只の長靴みたいに粉が吹きまくり・・・Sh350515

木下さんの所のザル 目の粗さの違いで三種類。雑穀にはまだまだ種類が足りないらしい。。。やろうなぁ~

アマランサスなんて細かいからこんなザルじゃ全然なんだって!! そりゃそうやなぁ・・

でぇ~午前のお仕事終了で木下さんにまたまた天ぷら蕎麦ご馳走になって お昼からの力を貰う♪←超ゲンキンな私・・・・残りの作業はまた後日報告しまぁ~す☆Sh350516

ご馳走さまでしたぁ~☆

|

« お茶請けでございます。 | トップページ | 片付けられへんねん。 »

雑穀」カテゴリの記事

コメント

素敵な経験しましたね~。
見ている私もワクワクします。
昔はこうやって、食べるまでにすごい手間がかかっていたのですよね。
こういう経験をすることで、さらに食のありがたみを感じますね。

投稿: おはじき | 2008年12月18日 (木) 13時17分

>おはじきさま
本当です。やはり体験しないと分からない事ばかりです。木下さんの”育てるのは出来てもこの作業はなかなか難しい事です”と仰ってたのが印象的でした。口に入れるまでの様々な作業を考えると本当に一粒たりとも無駄に出来ないと再認識しました。昔の人って本当に凄いです。

投稿: めぐりん | 2008年12月18日 (木) 14時55分

めぐりんさん、私の実家(八女の田舎)に昔むかし、
唐箕がありました。
機会というより、器具、道具といった感じですよね。
音もすごかったような、ホコリがいっぱい
舞っていたような‥‥?

お写真のストレートヘアー&マスクの女性が、
めぐりんさんですか? はじめまして〜〜〜♪

投稿: のどか | 2008年12月18日 (木) 15時58分

>のどかさま
初めての写真がこの姿・・・というのは真にお恥ずかしいですが大して普段と変わらないはずの私でございます。イメージと違いますかぁ?因みに1年に一回くらいしか履かないジーパンはいてます♪ヤマンバのようですがこれからも宜しくです。のどかさんってどんな方なのか全く分かりません・・・遠目の写真でも載せてみてください!!ご実家ってそんなに田舎なのですか?唐箕あったんですね。私はテレビや昔話でしか知りませんでした。道具です。まさに・・・運ぶのが脱穀機のほうは アホほど重かったです。

投稿: めぐりん | 2008年12月18日 (木) 16時22分

唐箕はウチにも手動から電動まで色々あるみたいですよ。
脱穀機は昔はあったらしいですけれど。
この写真を見せて頂いて、小麦なんかにもあると便利なんだよな~と、農場長がつぶやいております。

投稿: ちか | 2008年12月18日 (木) 17時07分

>ちかさん
へぇ~そうなんですかぁ?小麦なんかにも使えるんですね。農家の人も最近手放されてるようですね。北海道でも最近脱穀機が無くなってきたみたいですね。ちょっと残念ですよね。

投稿: めぐりん | 2008年12月18日 (木) 18時04分

私もこちらにおじゃまして、初コメです♪
とても貴重な体験ですね・・・、ちょっとうらやましいです。
私は、まだアドバイザーとして何も発信・活動してないので、
刺激になりました~。
来年は、雑穀アドバイザーとして何か出来たらと
思ってはいるのですが…。
今後とも、よろしくお願いしま~す。

投稿: ISIS | 2008年12月18日 (木) 22時34分

どうもお疲れ様でした。手伝っていてだいてありがとうございます。疲れたでしょう。腰は痛くないですか?さすがブログの女王いや忍者かな?写真がいっぱいで、私も見習わなくては。今日は雑穀畑の片付けに行って来ました。明日ブログアップします。これからもよろしくです。

投稿: 木下 | 2008年12月18日 (木) 23時17分

>ISISさま
コメント有難うございます。嬉しいです♪ISISさんのブログは写真も素敵でびっくりしました。
で・・この体験とても刺激になりました。農家の方の大変さが少し・・・ほんの少しだけ分かりました。これからも 色々情報交換お願いします。ISISさんカルトナージュされてるんでしょぉ?私は額装をしています。雑穀以外でも色々宜しくお願いします。

>木下様
有難うございます。ブログの女王って何ですかぁ??笑 説明の下手くそな私は写真を貼り付けた方が早いかナァ・・・と思って。
キチンと説明できてますかぁ??間違ってたら訂正してくださいね。こちらこそ今後とも宜しくお願い致します。

投稿: めぐりん | 2008年12月18日 (木) 23時57分

貴重な体験しましたね。うらやましいー!!
画面にかぶりついて見て、引き込まれるように読み入ってしまいました。いいなあー。

投稿: りょうこ | 2008年12月19日 (金) 15時12分

>りょうこさん
でしょぉ~♪自慢気な内容でしょぉ~本当に良い体験出来ました。なかなか出来ませんよね。また続があるのでよければ見て下さいね♪

投稿: めぐりん | 2008年12月19日 (金) 16時19分

ブログの女王様へ

ISISさんの初コメントおめでとうございます・・・先日の東京では、九州以来に会うことができました。新たなる刺激を受けて帰ってきましたよ。来年は、大阪で開催しましょうね。

投稿: 辻本 | 2008年12月20日 (土) 01時03分

>辻本様
美麗豊からISISさんのブログにジャンプしてコメント残したんです♪あの時お礼のお葉書出したままでしたので嬉しかったです。ISISさんも大活躍のようですね。ブログの写真がとっても綺麗です!!本当に大阪で開催されますかぁ??楽しみにしてよぉ~っと!!

投稿: めぐりん | 2008年12月20日 (土) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000714/26283865

この記事へのトラックバック一覧です: やったで!!やったでぇ~:

« お茶請けでございます。 | トップページ | 片付けられへんねん。 »